人気のメンズ脱毛エステ

遺伝の観点からワキガの治療を考える

ワキガの治療を行うときには、遺伝の観点から考慮していくと納得のできる治療を進めることが出来ます。

ワキガに関しては様々な考え方がありますが、根本的な原因として考えられるのは遺伝です。ワキガの悪臭を防ぐために日常生活の改善やそれに関連する行為によって治していく方法が多く提案されていますが、実はそれらの方法を利用しても根本的な解決にはならないわけです。

悪臭を元から断つためには体内の遺伝的な性質を変化させなくてはいけません。しかし、そのようなことは現実的ではありませんので、実際に臭いを消すときには臭いを出している汗を抑えることになるわけです。遺伝によって悪臭が放出されるのは。両親からその臭いを出す遺伝子を子供に対して継承させているからに他なりません。

この遺伝の仕組みは優性遺伝で説明できることがわかっているので、片親に悪臭の遺伝子を持っている人がいるときには高い確率で子供にもその性質が継承されることになります。両親共に遺伝子を持っていた場合には子供に対してほぼ確実に悪臭の遺伝子が継承されるので、解決するためには汗が出てくる場所そのものを特定して手術で抑えるしかないわけです。

こうした臭いの遺伝的な仕組みは日本人だけではなく外国人の遺伝的な仕組みを見ていけば非常にわかりやすいです。外国人は日本人に比べて数十倍以上のワキガの患者がいますが、これは遺伝的な臭いの遺伝子を持っている人が外国人の方が多いからです。そのため、臭いの原因は遺伝によって全て説明することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *